ルアーの種類

釣り日和

様々な種類があるハードルアー

ルアーは釣りに使う道具のことで、元々はタカなどの猛禽類に狩りの仕方を教えるために使う道具のことを指す言葉でした。
金属や木のような硬い素材でできているものをハードルアーと呼び、その中でも立体的な形状のものをプラグといいます。
かつては木製のプラグが主流でしたが、現在は大量生産が可能なプラスチック製のプラグが多くなっています。
とは言え、木製のプラグが完全になくなったわけではなく、愛好家には利用されています。
プラグにも様々な種類がありますが、中でも最もポピュラーなものがミノーと呼ばれる小魚の形をしたものです。
口にあたる部分には「リップ」という樹脂製の部品が付いており、この部分が水流を受けることによって魚のように動きます。
クランクベイトはミノーに似ていますが丸みを帯びており、リップが大きく作られているのが特徴です。
ミノーよりも深く潜ることが可能で、中でも3~5メートルの水深を狙うものをディープクランクと呼びます。
平行四辺形の薄い形状のプラグをバイブレーション、もしくはリップレスクランクと言います。
水よりも重いため着水するとすぐに沈むのが特徴です。
プラグ以外のハードルアーには、ラバージグやスピナーなどがあります。

やわらかい素材で作られたルアー

魚を釣る時に使う餌の代わりにする道具のことをルアーと言い、日本語では疑似餌とも言います。
その歴史は古く西暦1300年頃には既に原型となるものが使用されていました。
また、日本では西暦1700年頃に角や餌木などのルアーに準じる独自の道具が漁に用いられていました。
動物の皮やソフトプラスチックなどで作られたやわらかいものをソフトベイト、もしくはワームと呼びます。
ソフトベイトには様々な種類がありますが、中でも最もシンプルな形状をしたのがミミズに似たストレートワームです。
ロッドアクションによって様々な動きをさせることが可能で、小魚のように泳がせることもできます。
芋虫を思わせる形状の本体にテールというパーツが付けられたものをグラブと言い、古くから使われています。
泳がせるとテールの部分が動いて魚の注意を引きつけます。
クローワームはザリガニなどの甲殻類を模したもので、脚やハサミのようなパーツが付いているのが特徴です。
パドルテールはグラブに似ていますが、テールが櫂に似た形をしており、クローワーム同様甲殻類に擬することが可能です。
ソフトベイトを使う際にはリグという仕掛けが必要で、ノーシンカーリグやワッキーリグなどが存在します。

おすすめWEBサイト 5選

小ロット、オリジナル、高品質のノベルティー商品をお届け。

ネックストラップ 作成

新宿歌舞伎町のホストクラブaoi(アオイ)は、最幸の事業体として日本一の店を目指します。

歌舞伎町 ホスト

遺品整理の依頼をお考えでしたら、是非ご相談ください。

遺品整理を八千代市で依頼

最終更新日:2017/9/26